2006年07月29日

隅田川花火大会

夏といえば花火大会。
地元(北海道)の花火大会とは違って、東京の花火大会は激混みで大変!
混みすぎてケータイまで使えなくなるらしい。
「隅田川の花火はすごく見たいんだけど、激混みはイヤだ」というのが正直なところ。
 
ゆっくり落ち着いて観たいし、トイレもすぐ使えるところにないと不安で
ビールもたくさん飲めない…。
 
ところが、今年、隅田川最寄ビルの屋上から
絶好なロケーションで花火が見れるチャンスをつかんだ。
 
今日、上京してから、念願の夢、「隅田川花火大会」を観ることができる。
 
うれしー!
 
posted by 宮澤篤司 at 12:12| Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

納豆大好き。

俺は納豆が大好き。
ご飯にかけて食べるのが最高!
冷蔵庫の中には、納豆とキムチ、そしてビールさえあれば、
もう何もいらないくらいの勢い。(あくまでも勢いね)
 
でも、たとえば、ピザに納豆トッピングとか、クレープに納豆トッピングとか、
そういうのは「えー、それはちょっと...」と思っちゃうんだよ。
 
先日、下北沢にある、大好きなカレー屋「Magic Spice」に行ったとき、
カレーに納豆をトッピングしてみた。
それが、超美味!!
 
昨日も「Magic Spice」に行ったけど、やっぱり、納豆をトッピングした。
もう、はずせないアイテムになりました。
 
夏、冷やし中華もいいけど、カレーもね。
posted by 宮澤篤司 at 17:45| Comment(4) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

貫き通す良さ。

200607221548000.jpg
7月22日、武道館で行われた聖子ちゃんのコンサートに行ってきた。
その日は千秋楽ということで、気合も一際だったように思えた。
 2004年から毎年、聖子ちゃんのコンサートに行っているけど、毎回期待を裏切らない内容。
 
去年は背中に羽の付いた衣装で、今年は、背中に大きなリボンをつけた衣装だったり。
そのたびに当時の「松田聖子健在!」的な気分になり、ファンは安心する。
聖子ちゃんはそんな衣装を着て出てくるたびに「大丈夫?わたし??」と言って会場を沸かす。
聴かせてくれる曲も、最新の曲はもちろん、誰もが知っているヒット曲を当時のアレンジのまま歌ってくれる。

当時のスタイルを貫き通すことはホントかっこいいなと思った。
 
千秋楽ということで、やり遂げた感から感極まったのか、最後の最後で聖子ちゃんが号泣して、
もらい泣きをしてしまった。笑
 
たくさんのパワーをもらったコンサートでした。
ありがとう聖子ちゃん。
 

posted by 宮澤篤司 at 15:16| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

海の日。

7月17日は海の日、で、雨。
 
でも、どうしても海が見たかったから行ってきました。
まさに、誰もいない海。
水温が低くて泳げません。
 
友達5人で行って、海は楽しめなかったけど、
その道のりが面白かった。
特に、俺の番組でもアシスタントをしている
世田谷ジェンヌのりんくんのトークショーには、
腹筋を鍛えることができるくらい爆笑した。 
 
今年の夏もたくさん海に行きたい。
posted by 宮澤篤司 at 13:40| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

昨日はありがとう。

昨日のGrape Fruit MoonのLiveにお越しくださったみなさん、
本当にどうもありがとうございました。
 
近々Live Reportします。
 
posted by 宮澤篤司 at 21:42| Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

絵文字。

ここ数年、実家の両親とのやり取りですら、メールで済ませることが多い。
本当に便利な世の中。
 
メールで欠かせないのが、「絵文字」
俺はメールの中で、少しでも表情や感情が伝わるように、
なるべく絵文字を用いるようにしている。
 
他キャリアの人に送るときにも、( )や、;などを用いて
なるべく表情をつけるようにしているが、
やっぱり、同キャリアの絵文字のバラエティにはかなわない。
 
「うーん不便」、と思っていたが、
携帯電話会社3社間で送受信した際、絵文字が表示できるようになるみたい。
 
かなり昔、携帯電話とPHSの受発信ができなかったり、
別キャリア間では写真や動画も、もともとは送受信できなかった。
 
絵文字はかなり以前から使われていたものだから、
もっと早くこうなるべきだったのになー。なんて思った。
ま、使えるようになるわけだから、文句は言えないね。
 
これで、ますます気持ちの伝わるコミュニケーションができるようになるんだ。
 
進化ってすばらしい。
posted by 宮澤篤司 at 21:40| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

飲みすぎだ。

最近、暑くなってきたからか、ビールが美味くてさ。
飲んで帰って、電車の中で寝ちゃって、
駅員に起こされた…(笑)。
そのあと、マンションまでのバスの中でも寝ちゃって、
運転手に起こされた…(爆)

今年も楽しい夏になりそうだ。

そろそろ海もいいな。
そうだ、Live終わったら海に行こう。
posted by 宮澤篤司 at 18:18| Comment(1) | Diary | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

決まりごと。

世の中にある決まりごとは、守らないためにあるの?
違います。守るためにあるんです。
 
例えば、校則。
守らないためにあるのではなく、守るためにあるものです。
 
では、交通ルールはどうでしょう。
これこそ、守らなければ危険なことです。
 
 
原付を運転していて、また捕まった。 
その現場となったのは、この交差点。
yotsuya4
2段階右折をしなければならない交差点で、
2段階せず、右折をしてしまったというもの。
 
本来であれば、麹町方面から麻布側に移動し、
新宿通りに左折するように曲がるらしい。
 
俺は麹町方面から新宿通りに走ろうとした。
ちなみに、麹町方面から甲州街道への直進は
その先にある新宿御苑トンネルが原付走行禁止のためできない。
 
麹町方面から新宿通りへの道は、かなり緩やかなY字路のような状況で、
俺の中では、「右折」という感覚が無かった。
 
警察は、そのY字路の真ん中に立ち、
新宿通りに入ろうと信号待ちする俺をずっと見ていた。
そこは、黄色の車線で車線変更もできないので、
要するに、これから違反をする俺を先のY字路で待っていて、
まんまと2段階右折に気づかず右折してきた俺を捕まえるというシナリオ。
 
止められた俺への第一声。
「なんで止められたかわかる?」
この一言、かなりバカにしているよね 笑。
わかっていたら違反しませんから!
 
 
確かに、2段階右折しなかった俺がいけないよ。
でもね、違反しそうな人がいたら、
違反をしないように注意をするのが本来の役目だと思うんだ。
しかも、そこの交差点はごらんの通り、
かなり変形している交差点のため、
俺が信号待ちしている時間もかなり長かった。
その間に教えてくれてもいいんじゃないのか。
だって、決まりは守るためにあるんだから。
その決まりを守らない人をそのまま見過ごして、
「守らなかったね」と捕まえるのは、人間道徳としてどうかと思う。
 
俺は自分の非を認めた上で、警察にそのことを伝えた。
そのことに関しては何も回答をもらえなかった。
まぁ、警察にも色々なご事情がおありでしょう。
 
 
少し前だけど、プロジェクトXの「特集 あさま山荘 衝撃の鉄球作戦」を観た。
そこに描かれていたのは、警察と消防、そして一般の人たちが一丸となって
事件を解決するために協力しあうという大変感動的なものだった。
当時の国民は警察官に対して、「尊敬」的な感覚を持っていたためか、
一丸となり、事件解決に至ったのだと思う。
 
さて、今はどうでしょう…。
 
 
 
今回の警察の対応にはとても疑問を感じます。
せめて、その警察官が魂のレベルに達したとき、
自分がしてきたことが人間道徳的にどうだったのか、
深く考えてもらいたい。
 
だって、この世は、魂を磨くためにあるんだから。
 
俺は、今後、きちんと教えてもらったこと(二段階右折)を守ります。
安全運転で走りたいもんね。
 
posted by 宮澤篤司 at 19:28| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。